最新情報

インターネット閲覧ソフト「Internet Explorer(IE)」の脆弱性について

平素より学研ナーシングサポートをご活用いただき
誠にありがとうございます。

米Microsoft社より4月26日(現地時間)に
インターネット閲覧ソフト「Internet Explorer(IE)」の
バージョン6~11に未解決の脆弱性(セキュリティ上の問題)が
見つかったとの情報が公開されました。

▼ 参照:ニュースサイト(マイナビ)

30日(水)9:00現在、まだ米Microsoft社より
この問題に対応したアップデートはなされていません。
それを待つ間、一時的に「Internet Explorer(IE)」の使用は控え、
他のインターネット閲覧ソフトを使用することが推奨されています。

学研ナーシングサポートのe-ラーニングシステムは、
Windowsの場合、インターネット閲覧ソフト「FireFox」(無料)に対応しており、
Macの場合は「Safari」(無料)にも対応しておりますので
ご確認のうえ、引き続き学研ナーシングサポートをご活用いただくよう
よろしくお願い申し上げます。

投稿日 : 2014年4月30日