ナーシングポートフォリオ™の管理機能

学研メディカルサポートでは、「看護師の生涯教育」と「看護部の教育・研修」をサポートするという目標のもと、2015年4月よりナーシングポートフォリオ™サービスを開始いたします。

概要 | 管理機能(このページ) | お申し込み~ご利用開始まで


教育担当者のお悩みを解決

ナーシングポートフォリオ™は教育担当者のお悩みを解決すべく、看護部の教育・研修をサポートする管理機能を兼ねそなえています。


組織図に基づいたメンバー・権限管理ができる!
教育一覧を登録、いろいろな形で出力できる!
研修や課題の登録と割り当てができる!
グループごとにメンバーへのお知らせを一斉配信できる!
メンバーの学習進捗が管理できる!
教育結果レポートの出力がカンタン!(研修ごと・グループごと・個人ごと…)
年間 目標管理シートの作成、各メンバーのシート閲覧・コメント入力ができる!

TOP ↑

組織図に基づいたメンバー・権限管理ができる!

ナーシングポートフォリオ™では、システム上に組織図を再現できます。

例えば…
組織図に基づいたメンバー・権限管理ができる!(委員会など横断グループも)
縦割りの組織の各グループだけでなく、横断的グループ、そして各グループに複数の管理者と所属メンバーを登録できます。

メンバーを管理者として登録する際には…
1)配下のグループの管理権限(新規登録、編集、削除)
2)配下のメンバーの管理権限(新規登録・削除/編集・所属グループ移動)
3)グループごとに設定できるメールテンプレートの編集権限
などを、それぞれ個別に設定することが可能です。

学習・習得目標の進捗管理やレポート集計はグループごとに行うので、一つの組織(病棟)であっても、レポート集計を分ける必要がある場合、集計単位でグループとメンバーを登録しておくと便利です。(例:図の場合、B病棟の中でも看護師と他スタッフを別々に集計可能)

なお管理者は、グループメンバーに対して
■ 一括メール送信
■ 習得目標の割り当て
■ 学習・目標取得の進捗管理
■ 年間 目標管理シートへのコメント記入
などを行うことが可能です。

TOP ↑

教育一覧を登録可能

ナーシングポートフォリオ™は、看護部の教育運用フローを以下のように想定しました。

教育運用フローのイメージ図

このフローを念頭に、ナーシングポートフォリオ™には、「必要な教育すべてをpickup」する際に便利な機能として、教育一覧登録機能があります。

教育一覧のイメージ図

教育一覧登録機能では、教育を2つの属性(例えばレベル別/分野別など)で管理することができます。
どのような属性をもたせるか、また各属性にどのような項目を設定するかは、自由に設計していただけます。

作成した教育一覧は、画面上で確認できるだけでなく
■ 上記イメージ図のようなMatrix表(PDF形式)
■ 教育タイトルごとの一覧表(画面上での確認・CSV形式でのダウンロード)
として出力することができます。

教育一覧のイメージ図

教育一覧はグループごとに設定できるので、病院全体の教育はもちろん、病棟ごとや委員会ごとの個別教育一覧も作成していただくことが可能です。
(教育一覧の作成は、管理者のみ可能です。各メンバーは、所属グループの教育一覧を閲覧することができます)

なお、将来的にナーシングポートフォリオ™は
・教育一覧に登録した教育に、年度ごとに実施方法(開催場所,時間,教授法など)を登録して研修計画とする機能(”バッジ”化)
・各メンバーのスキルを登録する機能
を開発し、より一層、看護部の教育運用を支援する予定です。

TOP ↑

研修や課題の割り当てができる!

管理者はグループのメンバーに研修や課題などを割り当てることができます。
例えば、次のような研修を割り当てる場合の方法をご紹介します。

研修計画の例

接遇の基本的なスキルを習得するための研修として、
 ・e-ラーニングあるいは集合研修への参加(どちらかが必須)
 ・実技研修への参加(必須)
という2つを割り当てる場合…

研修計画の例

(研修の内容一つひとつではなく)研修そのものをメンバーに割り当てます。
つまり、研修や課題一つひとつではなく、「習得すべきスキル」を割り当てるということが、ナーシングポートフォリオ™の基本的な考え方となります。

この考えに基づき、ナーシングポートフォリオ™では、習得すべきスキル「バッジ」、研修や課題など一つひとつの学習、つまりあらゆる学習行動のことを「マナビ」と呼びます。

研修計画の例


バッジ(「習得すべきスキル」)をメンバーに割り当てると…
バッジ割り当ての例← このように、メンバーの「目標」画面の左側タブに、「目標」として割り当てられたバッジ一覧が表示されます。
取得済のバッジは、そのメンバーが身につけた「スキル」として右側のタブで一覧できます。

また、そのバッジに紐づくマナビ(研修や課題)は…
マナビ割り当ての例← このように、バッジを選択すると、紐づくマナビが一覧で表示されます。

バッジとマナビについて、より深くご理解いただくために、それぞれの設定画面をご紹介します。
バッジには、名称やアイコン(画像)と、そのバッジを習得するために必要なマナビを設定可能です。

バッジの設定画面

そしてマナビには、学習内容ごとに参加方法や修了要件などを設定することができます。 manabiの設定画面

なお、バッジには、既に作成され公開されているものがあります。
公開済みバッジの活用も可能 このように第三者による設定済みのバッジを活用する場合は、そのバッジに設定された修了要件が自動的に適用されてしまいます。

例)
学研メディカルサポートでは、e-ラーニングの修了要件を
 ・オンデマンド講義の純視聴時間が全体の90%以上の長さ
で、かつ
 ・テストの最高得点率が90%以上
のバッジを公開する予定です。

この修了要件とは異なる条件でバッジを付与したい場合は、学習履歴の確認画面からグループ独自の設定が可能(別の修了要件でグループ独自のバッジを付与可能)です。

このように、ナーシングポートフォリオ™で可能な研修や課題の割り当ては、柔軟性に富んだ機能となっています。
バッジやマナビとして、何を登録すべきかという正解はありません。
バッジとマナビの特徴をよく理解し、各グループの教育運用に則した設定をおすすめいたします。

より有効にご活用いただくためのヒントとして、ツリー構造で表したバッジとマナビの設計・活用例をご紹介します。

バッジとマナビの設計・活用例

なお、ナーシングポートフォリオ™は、米国ADL(ADVANCED DISTRIBUTED LEARNING)の規格「Tin Can API (正式名称:Experience API)」形式にもとづいたあらゆる学習履歴を記録することができるシステムのため、バッジやマナビとして登録できるe-ラーニングは、学研メディカルサポートが提供する学習に限りません
tincan Tin Can APIについての詳細は、一例としてこちらをご確認ください:日本イーラーニングコンソーシアムによるTinCanプロジェクトのページ
また、米国ADLによるTin Can APIの公式ページはこちらとなります。

openbadges

さらに、ナーシングポートフォリオ™で作成・公開できるバッジは、Mozillaのオンラインのスキル証明システム「Mozilla Open Badges」に対応予定です。
Mozilla Open Badgesについての詳細はこちらをご確認ください:Mozollaによるサポートページ

TOP ↑

グループごとにメンバーへのお知らせを一斉配信できる!

お知らせ設定画面

ナーシングポートフォリオ™を使い、管理者はメンバーに「お知らせ」を配信できます。
「お知らせ」には、添付ファイルや公開期間を設定することが可能です。
「メールで通知する」設定にすると、メンバーがナーシングポートフォリオ™にログインした時にお知らせが画面に表示されるだけでなく、公開日に自動的にメールでお知らせの有無が通知されるようになります。


お知らせ設定画面

また、管理者は配信した「お知らせ」の閲覧状況を確認することができます。

TOP ↑

メンバーの学習進捗が管理できる!

バッジの進捗管理画面

管理者は、メンバーの学習の進捗状況やバッジの取得状況を確認できます。

管理できる内容は
■ (マナビごとに)マナビの完了者/未完了者一覧の確認
 (画面上で確認&csv形式でデータをダウンロード)
■ (バッジごとに)バッジの取得済み/中断中/活動中メンバー一覧の確認
 (画面上で確認&csv形式でデータをダウンロード)
■ (メンバーごとに)割り当てられたマナビの学習状況の確認、マナビの修了設定(画面上で修了と設定する)
■ (メンバーごとに)修了したマナビ/活動中のマナビ一覧の確認
■ (メンバーごとに)取得したバッジ/活動中のバッジ/取得を諦めたバッジ一覧の確認
■ グループ独自バッジの付与・剥奪
などです。

TOP ↑

教育結果レポートの出力がカンタン!

レポート出力イメージ

ナーシングポートフォリオ™では、バッジごとに教育結果(学習履歴)のレポートを生成、ダウンロードすることができます。
バッジの修了要件として設定されているマナビ(集合研修やe-ラーニングなど様々な学習)の履歴を一覧で確認できます。
また、csv形式で出力されるため、施設全体だけでなくグループごとの結果の絞り込みも可能です。

TOP ↑

年間 目標管理シートの管理ができる!

ナーシングポートフォリオ™は、
 1.年度初めの目標記入(施設や部署に共通した目標を記入し、さらに自己目標と達成計画を決定)
 2.定期的な振り返りや目標達成面接(指導者による評価)
 3.年度末の総括(振り返りと指導者による評価)
という年間の「目標管理シート」運用フローをシステム上で実現しました。

管理者は、各グループの「目標管理シート」の入力欄のタイトルを自由に編集して、グループ独自のシートを作成できます。

また、メンバーの「目標管理シート」を確認し、コメントを記入することができるので目標達成面接のツールとして活用できます。
(入力欄は何度も追記できるため、年に複数回の目標達成面接にも対応可能です)

年間 目標管理シートのイメージ

TOP ↑

ブックマーク追加方法ご案内
  • 学研ナーシングサポート
    ユーザーログイン
  • 学研介護サポート
    ユーザーログイン
  • ナーシングポートフォリオ™
    ユーザーログイン
  • e-ラーニング活用型
    医療安全管理者養成研修
    ユーザーログイン
  • 国試合格チャレンジe-ラーニング
    ユーザーログイン
  • 日本赤十字社
    医療安全管理者養成研修
    ユーザーログイン
医療安全管理者養成研修
  • 日本看護協会が開発した助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)CLoCMiP研修 概要
  • たいせつにしますプライバシー
  • 学研ナーシングセミナー
  • 月刊ナーシング
  • 学研メディカル秀潤社
  • 学研ホールディングス