学研ナーシングサポートの概要

学研ナーシングサポート

学研ナーシングサポートは、著名な講師による最新の講義をあなたの施設の研修に組込むことができるインターネットによる「講義宅配便」です。

看護師卒後研修の努力義務化を背景として、いま定期的かつ系統的なOFF-JTの必要性が高まっています。

医療・看護専門出版社としてのノウハウが生かされた講義映像配信プログラム「学研ナーシングサポート」を導入してみませんか?

このようなお悩みに!
コンセプト
特長
ご利用病院様の声・受講生の声
利用環境について

学研ナーシングサポートお試しデモ体験(無料) 学研ナーシングサポートお申し込みのご案内

このようなお悩みに!

病院施設の教育担当者様の深い悩み
  • カリキュラム作りが大変
  • 研修に費用がかけられない
  • 研修担当が忙しすぎ!
  • 研修を開催しても人が集まらない
  • 講師の選択はどうしたらいいの?
  • 中堅対象の研修内容は?

研修担当者様のお悩みは深いようです。
これらの悩みや課題にお応えするために、弊社では2011年10月「学研ナーシングサポート」をスタートさせました。

TOP ↑

コンセプト

学研ナーシングサポートのコンセプト(効果が上がる!負担が軽減!操作が簡単!費用が安い!)

学研ナーシングサポートのコンセプトは、この4つです。それぞれをご紹介しましょう。

■ 効果が上がる!

学研ナーシングサポートは、基本4コースとして
・基礎習得コース(新人看護職員研修ガイドラインに基づく)
・中堅コースあるいは精神科コース
・看護管理コース
・リーダー育成コース
という4つのコースを設定しています。

また、このようなレベル別コースだけでなく、看護補助者研修コース・看護研究コース・院内全体研修コース(医療安全・感染対策など)や看護管理者特別コース、退院支援・地域包括ケアコース(いずれもオプション)など、対象者別コースも豊富にご用意。

幅広いラインナップと各テーマの対象者・到達目標が明確なため院内研修に組み込みやすいと好評です。

ぜひ定期的かつ系統的な研修の実施にお役立てください。

■ 負担が軽減!

院内研修を充実させる講義資料、評価ツールとなるテスト、アンケートは配信期間中パソコンにダウンロードし、いつでも院内の活動にご利用いただけます。(講義資料は印刷レイアウトを自由に設定できるものも配布)
また修了証のご活用で受講意欲の向上につなげていただくことも可能です。 講義資料,テスト問題用紙,修了証のイメージ

■ 操作が簡単!

学研ナーシングサポート 講義画面イメージ

学研ナーシングサポートの学習システムは、インターネットに接続できるパソコン・スマートフォン・タブレット端末があれば、いつでも受講可能です。
特にスマートフォンやタブレット端末での受講は、個別学習や育休中のみなさまの復職支援にお役立ていただけます。(スマートフォンで通勤中に受講しているという声も!)

また、進捗管理を行う管理者の方も、パソコンで簡単に履歴の閲覧や一覧表のダウンロードを行なっていただけます。

■ 費用が安い!

外部研修への参加は、経費負担も大きく、参加できるのは一部のスタッフのみに限られることが多々ありますが、学研ナーシングサポートを活用して行う研修は、全看護職員共通の実施が可能で、講師陣も一流、講義内容も最新のものです。

ぜひ 「お申し込み」ページで価格をご確認ください。

TOP ↑

特長

学研ナーシングサポートの特長

■ 学習履歴を自動保存。後日確認できます!

学研ナーシングサポート テスト画面イメージ

テストは何度でも受講可能で、その結果が確認可能なため、振り返りに役立ちます。(システム上でテストの出題順は毎回シャッフルされます)
採点結果や解説はもちろん、自分の点数と全国平均の比較グラフも表示されるので、学習のモチベーションアップにつながります。

そして進捗管理を行う管理者の方も、パソコンで簡単に履歴の閲覧や一覧表のダウンロードを行なっていただけるため、研修の活性化と運営負荷軽減にお役立ていただけます。

このように、学研ナーシングサポートは院内の集合研修でのご利用はもちろん、病棟や自宅での個別学習としてもご活用いただけるサービスです。

学研メディカルサポートは、看護教育のサポートを通じて、教育体制の確立だけでなく、看護の質の向上に取り組んでまいります。
ぜひ、学研ナーシングサポートの導入をご検討ください!
第一線で活躍する講師陣と学研メディカルサポートのスタッフ一同が、皆様を全力でサポートいたします。

TOP ↑

ご利用病院様の声

学研ナーシングサポートご利用病院様の声

TOP ↑

受講生の声

受講者の声

TOP ↑

利用環境について

詳細なご利用環境については、「FAQ」のページをご確認ください

TOP ↑